高画質アニメ動画

中間管理録トネガワ第1話の高画質動画・見逃し配信!感想も語り合おう

投稿日:

【中間管理録トネガワ第1話】を視聴できるおすすめの高画質動画配信サービス。今なら無料で視聴可能!

hulu

Pandora等はやめとこ?

中間管理録トネガワ第1話をPandora・ひまわり動画・Dailymotion・KissAnime・パラステ等で観るのは違法性が心配されます。YouTubeで公式以外がアップしている動画も著作権違反で違法性があるので注意してくださいね。

それに画質が悪く、ロードも遅く、ウィルス感染の危険がある上に広告が多いので、快適に視聴できませんよね。

中間管理録トネガワ第1話をサクサク高画質・広告ナシで気持ちよく楽しもう♪

快適な高画質動画一覧

中間管理録トネガワ第1話を配信している高画質動画配信サービスはこちらです。

  • U-NEXT
  • Hulu
  • Dアニメストア
  • ひかりTV
  • Amazonプライム・ビデオ

  • 視聴できる期間

  • 見逃し配信あり
  • 無料期間

中間管理録トネガワ第1話 あらすじと見どころ

帝愛グループ、それは消費者金融を主とした超巨大コンツェルン。
借金は暴利で返済が滞った負債者には容赦ない方法で取り立てを行っている。
負債者から回収する一つの方法が、負債者の命を賭けた違法ギャンブル
限定ジャンケン、鉄骨渡り、Eカードなど金は命よりも重いを形にしたゲームを負債者は体感する。
その中で生き残り続け帝愛グループに挑み続ける男がいた。
その名は「伊藤カイジ」
彼は全てのゲームを追い込まれながらも大逆転につぐ大逆転で勝ち抜いてきた。
その途中の壁になった最大の人物が帝愛グループ幹部にして帝愛のナンバー2の男
その名は「利根川幸雄」
日本の政財界を牛耳るともいわれ帝愛グループの会長である「兵藤和尊」の右腕的存在
彼はエリートにして優秀、多くの信頼と実績を勝ち抜いてきて、部下からも「利根川先生」と尊敬の念を抱かれていた。
しかし実態は超巨大企業である多くの部下を育成、管理し、兵藤会長のご機嫌をとる中間管理職
この物語は、命がけのギャンブルを共に行うことになる伊藤カイジと出会う前の利根川幸雄が会長に、部下に、媚びへつらいながらどんな理不尽なことにも立ち向かい生き残ってきた中間管理職としての生きざまを描いた物語である。

中間管理録トネガワ第1話 次回の予告

兵藤会長の退屈をしのぐための一大プロジェクトを任された利根川とその部下達
利根川の最大の難関はとにかく会議の空気を盛り上げること
利根川は果たして部下から絶大の信頼を勝ち取りこの理不尽かつ超特大プロジェクトを完遂できるのか

中間管理録トネガワ第1話 感想・評価【ネタバレ注意】

カイジシリーズにして異質の作品である「中間管理職トネガワ」
本家であるカイジシリーズはシリアスであるが、本作は全編ギャグでストーリーが展開している。
悪役として今まで描かれていた利根川だが、いざ会社視点でみるとただの中間管理職にして社畜であることが本作では強調されている。
カイジファンでなければわからないネタがふんだんに含まれているため、作者である福本の作品を理解してないとついていけないところも多くある。
しかし、ファンであればしっかり心をつかみ、爆笑になることは必至!?
利根川だけじゃなく、今まで一切焦点を当てられていなかった黒服たちのストーリーもかなり必見です
彼らにも人生がありいかに必死に働き、空回りしているのかがわかる
この物語は社畜と自覚しているものたちにこそ見てほしい作品だ。

みんなの感想・批評

  • 全く情報を入れずにこのアニメを見たので、コメディ要素ばかりで驚きました。トネガワが黒服の似たような名前の人たちを呼んでいくシーンは笑いました。この内容なら深夜でも気軽に見られそうです。
  • 福本伸行先生の作品かとおもいきや先生は単に協力で、原作が萩原天晴、漫画、橋本智広、三好智樹です。しかし漫画の中身は福本カラー満載の作品です。利根川のスピンオフ作品もなかなかおもしろい。
  • 原作漫画のスピンオフ的な作品で原作だとギャンブルで少しもほのぼのした感じは基本的にはないのだけれどこの作品ではキャラの日常生活が描かれていて緊迫感もないし気軽に誰でもみれてよいと思います。
  • カイジでは冷酷非道なイメージがありましたが、ガラッとイメージが変わりました。わざわざ黒服の名前を覚えようとしている姿は、いい上司な感じがしました。しかし覚えにくい名前や趣味がみんなボーリングには笑えました。
  • 漫画も読んでいて期待していたアニメですまず一話で印象的だったのはナレーションがもうとてつもなくインパクトがあってここまでのナレーションは初めて聞いたような気がします。トネガワが渋く描かれていていいなと感じましたし黒服をお前らの名前全部ガーターには笑ってしまいました。
  • 元ネタであるカイジのスピンオフともいえるこの作品にやや期待していたものとは違ったが、これはこれで帝愛グループの内情が面白可笑しく描かれている。会長のキャラも更に際立っていて笑える。
  • カイジと出会う前のトネガワの日々の忙しい会社員生活をコミカルに描いています。社長の機嫌を損ねたら恐ろしいことになり、部下の信頼を集め泣なければ今後の仕事がやりづらい、そんなストレスをも乗り越えるトネガワの孤独な闘いが描かれました。部下の名前を覚えるシーンは笑えました。
  • カイジが好きだったので、そのスピンオフということから見ました。なんとあの利根川さんが主人公の話とは驚きです。しかし、1話の最初はカイジの今までのあらすじの説明が長くてちょっと疲れました。これからに期待です。
  • カイジのスピンオフ作品であるこのアニメは、原作では強敵のキレ者として登場した利根川が主役です。コミカルでありながら、社会人であれば身につまされる部分もあったりと思わぬ見どころもあります。第一話以降も楽しみにしています。
  • 『賭博黙示録カイジ』の特別編といった様な感じの話なのですが、元々の話を知らない人でも面白いと思えるような内容だと個人的に思いました。不真面目に真面目というのがぴったりだと思うし、編毎編期待できる内容だと思います。
  • ナレーションに川平慈英を起用してるあたりが本当にイヤです、アニメと合わないです。勘弁してほしい。声優さんがとにかく豪華な面々ですね。島信長さん、小山力也さん、江口拓也さんなど本当に豪華です。
  • カイジに出てくるトネガワが主人公のピンオフができるとは、びっくりでした。会長に何かゲームを考えろって言われて、週末のゴルフがなくなったとトネガワが悲しむシーンがあるのですが、彼の趣味がゴルフだっていう普通さに笑いましたよ。

-高画質アニメ動画

Copyright© 感想も充実!高画質アニメ動画配信サービスを徹底比較:ANICLUB , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.